ホーム > 浄化について

浄化について

天然石のパワーを発揮させるためには、浄化が必要です。

石は、これまでに採掘・加工などにより様々なストレスを受けてきています。

そのストレスを癒し、パワーをできるようにしてあげるのが浄化だと考えています。

enでは必ず浄化をしてからの発送を基本としていますが、お客様の手元に届いたときにも

行っていただけると良いと思います。

また、身につけているにつれてパワー不足や疲れが溜まることもあるかと思います。

「ありがとう」や「これからよろしくね」といった意味を込めて浄化をしてあげましょう。

浄化をする際には、ぜひ「いつもありがとう。これからもよろしくね。」と

声をかけてあげてください。

 

石にはそれぞれ特性があり、その石に適した浄化方法を選ぶことが必要です。

いくつかの浄化方法をご紹介します。

 

■クラスターによる浄化

 水晶やアメジストのクラスターやさざれにのせるだけの簡単な浄化方法です。

 水晶やアメジストのパワーも与えてくれます。

 普段から、”寝床”としてさざれなどを用意してあげるといいかと思います。

 クラスターは空間も浄化してくれるので、とてもお勧めです。

 クラスターやさざれも時々は浄化してください。

 適さない石 : なし  ※ 硬度の低い石は傷つかないように注意

 
「en」ではお買い上げの方に、少量ではありますが水晶さざれをプレゼントしています。

 

■水による浄化

 器に石を入れ、水道水をほんの少し出して流水にさらします。(1~3時間が目安)

 また、ミネラルウォーターを容器に入れて、石を浸けておいても良いでしょう。(一晩ほど)

 川や海、神社の手水などでの浄化もお勧めです。

 適さない石 : アズライト・エンジェライト・クリソコラ・セレナイト・ターコイズ

          デザートローズ・パイライト・フローライト・マラカイト・ラピスラズリ

          ラリマー・アンバー・クラック水晶・など

 

■煙による浄化

 皿などにのせたお香やドライハーブに火をつけ、その煙に数回くぐらせます。

 できる限り天然のものを使いましょう。

 特に有名でお勧めなのは「ホワイトセージ」です。

 石と同時に空間も浄化してくれます。

 適さない石 : なし

 

■塩による浄化

 小皿などに岩塩などの天然塩(粗塩など)を入れ、その中に埋めるように石を入れます。

 一晩ほど入れておき、終わったらさっと水で洗ってやわらかい布などで優しく拭きます。

 塩にも水にも強い石であれば、塩水の中に浸すことも非常に有効です。

 このときにも、終わったら必ず流水で洗い流してください。

 使い終わった塩は他の事に使わずに捨ててください。

 適さない石 : アンバー・オパール・カルサイト・クリソコラ・セレナイト・ターコイズ

           パイライト・ヘマタイト・マラカイト・ラピスラズリなど   

           ※ 硬度の低い石は傷つかないように注意

 

■日光による浄化

 午前中の日光に1~3時間ほど直接当てます。

 浄化とともに、太陽のパワーを蓄えてくれます。

 長時間、日光を当てることは石を劣化させたり、色あせの原因となることがありますので

 あまり長く当てすぎないように注意しましょう。

 台などにのせる際には風などによる落下に注意しましょう。

 適さない石 : アメジスト・ローズクォーツ・シトリン・インカローズ・スモーキークォーツ・

           セレスタイト・ターコイズ・パイライト・ローズクォーツ・フローライト

           カーネリアン・クンツァイト・アクアマリン・ラリマーなど

 

■月光による浄化

 新月以外の月の光に当てます。特に満月がお勧めです。

 浄化とともに、月のエネルギーを蓄えてくれます。

 放置してしまって雨などにさらされると逆効果なので、数時間にしてあげましょう。

 台などにのせる際には風などによる落下に注意しましょう。

 適さない石 : なし

 

 

 浄化について何か質問があれば、お気軽にご相談ください。